んげの日記

んげです。山形県在住です。いろんなことを書いています。

【スポンサーリンク】

ツール・ド・みちのくおとぎ街道グル麺ライド に参加しました(前編)

9月24日に「ツール・ド・みちのくおとぎ街道 ぐる麺ライド」に参加しました。

大盛コースは山形県高畠町宮城県白石市 (往復) 約115km 

中盛コースは山形県高畠町宮城県七ヶ宿町(往復) 約65Km

があり、私は中盛コースに参加です。

「グル麺ライド」というだけあって、エイドステーションでは各地のご当地麺がいただけるというイベントです。

 

各エイドステーションでは

大盛コース

宮城県七ヶ宿町:そば

宮城県白石市 :うーめん

山形県南陽市 :冷たいラーメン

山形県高畠町 :ひっぱりうどん

 

中盛コース  

宮城県七ヶ宿町:そば

山形県高畠町 :ひっぱりうどん

 

が提供されます。

 

今年が初開催ということもあり、事前情報も少なく「どんなんだろ?」

と若干不安があったのですが参加してみることに。(一人で)

ツール・ド・みちのくおとぎ街道グル麺ライドPVです


ツール・ド・みちのくおとぎ街道 グル麺ライド(本編)

 

集合

朝5:30受付開始。うわ、早くね?

スタート時間、大盛コース(120km)7:00~ 中盛コース(65km)8:30~

 

5:30に受付した場合、3時間も待機になるので、6時ごろ受付を目指して出発。

それでも4時に起きました。(目が覚めた)

5:30に出発。日曜の早朝だけあって道路はスカスカ。

予想よりだいぶ早く着きました。

中盛参加者の駐車場(高畠ワイナリー)につきましたが、車が3台くらい。

はやく着きすぎた。

 

小雨が降ってきました。天気予報では雨の心配なかったので、雨対策をしていません。

でも15分くらいで雨がやんで晴天に。良かった。

時間はやすぎるのと、小雨だったので車の中で待機。6:30頃会場へ向かいます。

 

駐車場から会場(受付、スタート地点)まで4.5Km。何気に遠くね?

自転車移動なので苦になりませんが。

 

受付してしばらくすると大盛コースのスタートが始まりました。

 

私の自転車装備

参加者はほぼロードバイククロスバイクの方が少し。

ママチャリの方一人いました。

ロードバイククロスバイクの違いは割愛します。

 

・服装について

皆さん、サイクルウェアでした。が、私はそんな高級なものを持っていません。

装備はローコストです。

頭:ヘルメット ¥3000くらい

上:GUで買ったメッシュのロンT ¥1500くらい

  しまむらのパーカー(夏用の汗を蒸発させるやつ ¥1000くらい

下:レーサーパンツ(自転車用のケツにクッションがあるタイツ)¥8000円くらい

 :運動用のハーフパンツ ¥2000くらい

手:安いグローブ ¥1500くらい

靴:履きなれたスニーカー(アディダス)¥2500くらい(新品時)

 

といういで立ち。

サイクルパンツは無いとケツが痛くなり、苦行になるので高いのですが

購入しました。

ヘルメットは必須です。グローブは安いヤツ。

靴は、スニーカー・・・

自転車には靴とペダルをつなぐ「クリート」という金具がついた専用の靴があります。

ビンディングシューズ」といいます。

またペダルもそれ用の「ビンディングペダル」に交換する必要があります。。。。

 

が。

 

スニーカーだよバカ!悪ぃか!

 

この「ビンディングシューズ」を履くと、「漕ぐ」だけでなく「引く」

(漕いだ後の戻りの足ね)動きも車輪を回すエネルギーになるので、

効率が良いのです。

特に上り坂。

 

五年くらい前から始めた自転車ですが、ウェアとか全然買ってない。。

 

8時30分 スタート。

7時に大盛コースのスタートを見届けてから、一時間半も待ちぼうけ。

おかげで入念にストレッチできました。

 

スタート地点に8:00並んで、30分待つ。

この時点で結構暑い。(雨よりは良い)

f:id:nge0068:20170925211800j:plain

1分おきに10人ずつスタートします。

 

 スターターはモデルの大浦育子さん。(確か)

f:id:nge0068:20170926190130j:plain

スタートで並んでいるときに隠し撮りした写真を伸ばしたので粗いね。

この大会のPVに出演しています。

やっぱモデルさんだけあって、べっぴんだっぺ。足ほっそ!

そういや中高生のころ「でらべっぴん」っていうエロ本あったな。

 

コースは・・・

大盛コース 115km

 

中盛コース 65km

 

 

まぁ・・・。ちょっとわかり難いと思いますが

宮城ー山形の県境なので峠道なんです。

それを自転車で登っておりて往復するコース。

全く興味ない人には「何が楽しいの?」「ドMなの?」と思われるでしょう。

 

スタートから国道~トンネルへ

山形県高畠町を出発。国道113号線に出るまでは、住宅や畑の合間の道を走ります。

ガイドライダーが20人くらいのグループを先導します。

あ、結構いいペースで行くのね、、、

 

国道113号にでて、徐々に上りに。。。

一つ目の田沢トンネルを抜けると、上りがきつくなってきた。

いよいよ峠道です。。。

トンネルについては、自動車の通行を規制してありました。(片道交互通行)

道路の片側車線は自転車用に開放してもらっていたので、安全です。

というか、そうしてもらわないと危険すぎる。

(秋の行楽シーズンの日曜で晴天、宮城‐山形を行き来する車は当然多い)

 

 後半に続きます。↓↓

nge0068.hatenadiary.jp