んげの日記

んげです。山形県在住です。いろんなことを書いています。

【スポンサーリンク】

山形芋煮を知っているか?

今回は山形の「芋煮」(いもに)についてご紹介します。

芋煮とは

日本の主に東北地方で行われる季節行事で、河川敷などの野外にグループで集まり、サトイモを使った鍋料理などを作って食べる行事である。

呼称には地域差があるが、ここでは総称として「芋煮」「芋煮会」という呼称を用いる。

 Wikipediaより

 

多くの山形県民は、この時期になると芋煮会がしたくてうずうずするものです。

BBQと一緒に開催したりもします。

 

芋煮会とは河原に集まって、石を積んでかまどを作り、薪を火をおこし、芋煮を作る会ですね。だいたいは飲み会です。

 

f:id:nge0068:20171011171036j:plain

 

山形県内でも、山形風芋煮と庄内風芋煮があり

山形風芋煮は醤油ベースで、牛肉が入る

庄内風芋煮は味噌ベースで、豚肉が入る

と違いがあります。

 

山形芋煮 レシピ (5~6人前)  

材料

さといも 600g

牛肉   300g

こんにゃく 1枚

ネギ    2本

 

調味料

醤油

さとう

みりん

 

① 大きな鍋に水を沸騰させ、サトイモを茹でる。サトイモは食べやすい大きさに。

大きいと火が通りるまで時間がかかる。沸騰したら一回お湯を捨てる。

 

② もう一回水を入れ、火にかける。手でちぎったこんにゃくを入れる。

丁寧に灰汁をとる。

 

③ サトイモに火が通ったら、牛肉をいれる。サトイモに箸を刺して、すんなり入るくらいが丁度いい。

 

④ 味付け、調味料を入れる。お好みの味に調整。

 

⑤ ひと煮立ちしたら、ネギを入れる。ネギがしんなりしたら完成。

 

ざっくりとこんな感じです。

調味料の分量が書いていないのは、いっつも水の量が適当で、それに合わせて味付けしていくからですね!はい、紹介してダメなやつ。

これだと、芋煮食べたことない方はゴールの味がわからず作れませんね。。。

 

安心してください、こういうのあります。

 

山形では、スーパーで芋煮会セットを注文するとこのような「芋煮たれ」がついてきて、これをぶち込むだけで完成します。

あとは、好みで砂糖を足したり。ちなみにネギを入れる前に味付けしますが、ネギを入れると甘みが出ます。

 

上記レシピはスタンダードなものですが、それ以外にも

・しめじ

・まいたけ

・ごぼう

などを入れるのがおすすめです。

 

f:id:nge0068:20171011170439j:plain

こちらは別日の芋煮。

しめじ・なめこ・ごぼうが入っています。

なめこ初めて入れましたがおいしかった。

キノコ類は一種類くらいは入れたい。

ごぼうは、ささがきになっているもの(切られているもの)を買うと楽なので、

ぜひ入れましょう。

 

芋煮会のシメは

だいたい、つゆが残るのでうどんを入れるのが定番です。

もちを入れてもおいしい。

カレールーを入れて、芋煮カレーうどんにする場合もあります。

f:id:nge0068:20171011171901j:plain

こちらはうどんを入れたもの。

 

 

まとめ

今回は、山形の芋煮についてでした。

ぜひ山形にきて食べてもらいたいですね!

また、山形料理を出す料理屋・居酒屋に行けば必ずあると思います。

興味のある方はぜひ!

山形料理を出す店がどのくらいあるか知りませんが、大きい街ならあるよね…?

 

自宅で作るのも簡単です。

いも 山形県 芋煮会フルセット(醤油味)4?5人分

いも 山形県 芋煮会フルセット(醤油味)4?5人分

 

 

 ポテチも!

カルビー ポテトチップス山形芋煮 55 g×12袋 (山形県)