んげの日記

んげです。山形県在住です。いろんなことを書いています。

【スポンサーリンク】

ドラゴンクエストビルダーズ プレイ日記11「リムルダール編②」

どうもみなさんこんにちは。

「見た目は少女、頭脳はおっさん」でおなじみの伝説のビルダーちょこです。

 

「病におかされた大地」リムルダールにやってきました。

リムルダールはヤバいです。

大昔は、湖に囲まれた美しい街だったようですが現在は毒の沼地に囲まれています。

 

前回のプレイ日記はこちら

www.nge0068.com

 

はじめから読む?

www.nge0068.com

 

・復活したノリン話してみる

f:id:nge0068:20180125134602j:plain

やくそうを煎じて飲んだだけだからな・・・

大した病気じゃなかったんじゃね?

f:id:nge0068:20180125134645j:plain

もうこの際、キミの病気なんかどうでもよい。

どうせ食あたりだろ?

 

・ゲンローワ様を探してほしい

エルさんは、「せっかくビルダーのちょこと会えて、念願の病室も作ってもらった。もっと本格的に患者の治療をしたい」と思っている様子です。

 

この島の、恐ろしい病に立ち向かうには特別な薬が必要なはず・・・

f:id:nge0068:20180125135454j:plain

まじかー。

たしかにこの先、薬草だけで済むとは思えませんね。

 

f:id:nge0068:20180125135204j:plain

ゲンローワ?読みにくい名前だな!

ゲンローワという人物は薬の知識があり、ちょこの物つくりのちからと合わせればこの地の病に効く特別な薬が作れるかもしれません・・・

 

という事ですが、

エルさんが呼びに行くか、一緒に行くかしたほうが早くない?

f:id:nge0068:20180125135925j:plain

なんじゃそら!?

そんな奴が協力してくれんのかい?

f:id:nge0068:20180125140011j:plain

嫌われとるんかい。

 

まぁ、病気に立ち向かうには薬の力は必要でしょう。

ゲンローワを探しに行きます。

 

何か、じいさんがいますね。

f:id:nge0068:20180125140146j:plain

 

どうやら、この爺さんは亡くなった人の弔い、をしている様子。

医学はなんと無力なのか・・・

とか言っています。

 

もしかしてこの人がゲンローワさんですかね?

f:id:nge0068:20180128083506j:plain

見た目は少女、ずの・・・以下省略!!

その名は伝説のビルダーちょこです!

f:id:nge0068:20180128083652j:plain

おう、エルさんの依頼であなたを探しに来たのです!!

 

f:id:nge0068:20180128083751j:plain

温度差!!

ずいぶんと冷めてるねぇ、どうした?

 

あと一人弔いたいのだが、死者を弔う墓すらない・・・

わしのことは放っておいてくれ・・・

とゲンローワは言いますが。

f:id:nge0068:20180128084039j:plain

木の墓の作り方ひらめいちゃったもんねー!

 

ゲンローワは

「人はからならず死ぬ。もし病を克服しても、それはいっときの事でしかない。

今のワシは死者をとむらいたい、あとひとり、あと一人なのじゃ・・・」

「あとひとつ木の墓をたてれば、弔うことができる」

と言っています。

 

これは木の墓を作って持ってこいってことだな。

作業台がないので、拠点に戻ってつくって持ってきましょう。

 

ゲンローワの後ろに宝箱があり、キメラのつばさがあったので使わせてもらいます。

 

拠点に戻ると、エルさんが・・・

f:id:nge0068:20180128102408j:plain

f:id:nge0068:20180128102430j:plain

無理難題ってほどじゃないけど・・・

なんか意気消沈してたよ。

 

とりあえず、「木の墓」を作ってゲンローワのところへ届けましょう。

 

f:id:nge0068:20180128160520j:plain

f:id:nge0068:20180128160652j:plain

そそのかされたって言うな!!

 

ゲンローワは

「そもそも死というのは、あらがうものでなく自然の摂理として受け入れるべきものなのだ」といいます。

f:id:nge0068:20180128160928j:plain

f:id:nge0068:20180128161001j:plain

そんなドラマチックなこと言ったかな?

f:id:nge0068:20180128161102j:plain

「間のぬけた顔のわりに」は余計だぞジジイ。

 

f:id:nge0068:20180128161210j:plain

どうやら説得に成功したようです!

 

f:id:nge0068:20180128161557j:plain

病と闘うことは、死ぬこと以上につらく苦しいものだということをちゃんとわかっているのか・・・?とゲンローワは言いますが。

f:id:nge0068:20180128161835j:plain

ここに住み、薬の研究をしてくれるようです。

f:id:nge0068:20180128163329j:plain

ゲンローワが、調合ツボのつくりからを教えてくれました。

これでどくけしそうなどが作れます。

 

エルさんと話してみる。

f:id:nge0068:20180128162749j:plain

f:id:nge0068:20180128162833j:plain

うん、そうみたい。

なにがあったんだよ、あの爺さんは。

f:id:nge0068:20180128162614j:plain

f:id:nge0068:20180128162936j:plain

わかった、ありがとう。

 

でもそういう話は本人がいないところでしてくれぃ。

すぐ後ろで聞いとるがな。

 

ゲンローワは世界でも珍しい薬の知識を持つ薬師という存在らしいです。

 

 ・つぎの患者をさがせ!

f:id:nge0068:20180201121724j:plain

f:id:nge0068:20180201121824j:plain

次はそいつを探して来いと・・・?

f:id:nge0068:20180201122218j:plain

 

わっかりました~~。

Qマークを頼りに進みます。

 

もー、リムルダールの大地は紫で枯れ木ばっかりで・・・

絶望しかねぇ!

f:id:nge0068:20180201122300j:plain

「もう・・・だ・・・め・・・」

とか聞こえてくるし。

f:id:nge0068:20180201122449j:plain

f:id:nge0068:20180201122508j:plain

どうやらこの女性はケーシーという名前らしいです。

 

ケーシーを担いでダッシュ

f:id:nge0068:20180201122550j:plain

 

病室のベッドにねかせると・・・

f:id:nge0068:20180201122645j:plain

えだまめを欲しています。

・・・え、えだまめぇ!?

薬じゃないのか!?腹減ってんのか!?

 

ほい、どうぞ。

f:id:nge0068:20180201122813j:plain

おう、ゆっくり休めや。

 

翌日・・・

f:id:nge0068:20180201122849j:plain

ど・・・どくけしそう・・・

ねぇし!

どうしよう、エルさん・・・

 

・薬の調合室をつくってくれ

ゲンローワは、新しい患者が来たらエルと二人で診察し必要な薬や食料を教えてくれるそうです。患者の看病はエルに任せ治療を頼むといいます。

ケーシーが「どくけしそう」を欲しがってるんですけど・・・

 

まずはそのまえに・・・

f:id:nge0068:20180128162343j:plain

薬の調合室をつくってくれ。とのこと・・・

よっしゃ、まかせろ。

 

f:id:nge0068:20180128163231j:plain

ハイ完成。

薬師の設計図は、特別な材料がいらないので簡単に作れました。

f:id:nge0068:20180128163558j:plain

完成と同時に、左からゲンローワがダッシュしてきた。

カワイイやつだな!

f:id:nge0068:20180128163741j:plain

この地にはまだまだ見知らぬ病がたくさんあるようです。

新しい病に効く薬を作るためにも、調合室はおおいに役立つ様です。

どくけしそう作れるかな!?

 

f:id:nge0068:20180128163941j:plain

ゲンローワは長年、弟子のウルスとともにこの地にはびこる病の研究をしてきたようです。

f:id:nge0068:20180128164243j:plain

え?どうなったのよ?

f:id:nge0068:20180128164323j:plain

そんなことがあったのね。

 

ゲンローワ

「定められた死から逃れることが、正しいことなのかわしにはまだわからん。

しかし、物作りの力を持つビルダーのおぬしとなら何かできるかもしれぬ」

f:id:nge0068:20180128164646j:plain

急に前向きになった!!( ゚Д゚)

 

・毒の原因をさぐれ

f:id:nge0068:20180201120537j:plain・・・ ・・・。

 

f:id:nge0068:20180201120628j:plain

そのくだり、前回もエルさんとやったわ!!

 

f:id:nge0068:20180201120810j:plain

f:id:nge0068:20180201120917j:plain

 

ゲンローワは、「どくけしそう」を開発するために「毒の病原体」が必要だといいます。「毒の病原体」は巨大ドロルが持っているようですが、ゲンローワは巨大ドロルが倒せず、研究をあきらめていたようです。

 

f:id:nge0068:20180201121235j:plain

f:id:nge0068:20180201121335j:plain

まぁ、流れ的にそうなるよね・・・。

 

というわけで、Let’sドロル狩りです!

 

じつは、ケーシーがいた小屋にこんなメモが・・・

f:id:nge0068:20180201123945j:plain

「このさきに どくのやまいを もたらすものがおる。

やつから びょうげんたいを さいしゅできれば どくのやまいを いやせるかもしれぬ。 しかし あの きょだいな ドロルには われわれ にんげんでは かてないだろう・・・。」

最近書かれたものらしい、ページはここで終わっている。

 

・・・ドロルこわい。

ゲンローワが書いたのでしょうか?

 

とりあえず、この小屋で寝て体力を回復します。

翌朝、さらに進むと毒の沼地の真ん中に明らかに怪しい場所が。

 

f:id:nge0068:20180201164426j:plain

 

離れていてもこの大きさ!

f:id:nge0068:20180201164534j:plain

f:id:nge0068:20180201164609j:plain

巨大ドロルの懐に潜り込み、こんぼうでひたすら殴る!!

 

f:id:nge0068:20180201164712j:plain

何とか倒し、「毒の病原体」をゲットしました!

・・・ふう。

いのちのきのみを一個使ってしまった。

 

f:id:nge0068:20180201164837j:plain

巨大ドロル、なかなか強かったよ。

 

手渡すと、ゲンローワはさっそく解析を始めました。

f:id:nge0068:20180201164933j:plain

・・・。

f:id:nge0068:20180201165035j:plain

・・・ ・・・。

 

f:id:nge0068:20180201165054j:plain

お、おお?

大丈夫か?

 

f:id:nge0068:20180201165200j:plain

静止写真ですが、実際はくねくね妙な動きをするゲンローワ。

f:id:nge0068:20180201165253j:plain

あんたすげぇな!!

 

・ケーシーを救え

これで「どくけしそう」のレシピを手に入れることができました。

さっそく作って患者に使ってみます!

 

ケーシー、どくけしそうができたで。

f:id:nge0068:20180201165545j:plain

 

エルさんッ!治療が終わりました!!

f:id:nge0068:20180201165631j:plain

f:id:nge0068:20180201165735j:plain

まてまて、献身的すぎるだろ。

自分が病気になったら意味ないでしょうが。

 

翌朝・・・

f:id:nge0068:20180201170059j:plain

おお!よかったな!

担いで運んできたかいがあったよ!

f:id:nge0068:20180201170148j:plain

やっぱり今のリムルダールは「病気=死」という価値観なのね。

f:id:nge0068:20180201170257j:plain

だ、大丈夫か?

 

なにはともあれ、ケーシーもこの町にすんで患者の治療に協力してくれることになりました!

 

リムルダールの復興も、薬師ゲンローワの薬の知識のおかげで少しづつ軌道に乗ってきましたが・・・!?

 

次回へつづく!

 

続きを読む↓

www.nge0068.com