んげの日記

んげです。山形県在住です。いろんなことを書いています。

【スポンサーリンク】

ドラゴンクエストビルダーズ プレイ日記16「リムルダール編⑦」

どうも皆さんこんにちは。

「見た目は少女、頭脳はおっさん」でおなじみの伝説のビルダーちょこです。

 

 ミノリとヘイザンの二人の治療が完了しました。

ですが、ずーっと寝たきりの患者が三名ほど・・・

彼らの病気を治す術がみつかりません。 

 

初めから読む?

www.nge0068.com

 

前回のプレイ日記はこちらから

www.nge0068.com

 

・やることがないから、みんなの話を聞く

ミノリとヘイザンの治療が終わり、竜王軍も撃退しましたが・・・

ほかの患者の治療法がわかりません。

とりあえず、みんなの話を聞いてみます。

f:id:nge0068:20180313172715j:plain

f:id:nge0068:20180313172741j:plain

f:id:nge0068:20180313172759j:plain

まぁ、今の時点ではどうしようもない感じだしねぇ・・・

 

ミノリ

f:id:nge0068:20180313172915j:plain

f:id:nge0068:20180313173032j:plain

・・・近い。

ベットが必要と力説するミノリ。

ミノリが言うには、ちゃんと人数分のベッドを用意するのもビルダーとしての仕事だ!とのことです。

f:id:nge0068:20180313173202j:plain

エルさん

f:id:nge0068:20180313173342j:plain

エルさんは、今は患者にはゆっくり眠ってもらうしかない。

しかし、時がたてばゲンローワが何か手立てを考えてくれるはず・・・

f:id:nge0068:20180313173512j:plain

だそうです。

 

ノリン

f:id:nge0068:20180313173727j:plain

f:id:nge0068:20180313173756j:plain

お前はなんなんだ。とりあえず働け。

f:id:nge0068:20180313173856j:plain

f:id:nge0068:20180313173913j:plain

f:id:nge0068:20180313173932j:plain

いや、みんな寝る流れだけどお前は働けや!

 

f:id:nge0068:20180313174041j:plain

ヘイザンは、やることがないなら起きていてもおなかが減るから寝るに限る。

とか言ってます。

f:id:nge0068:20180313174132j:plain

なんかある気がする・・・。

さては、私が寝たらみんなでブイヤベースパーティーをする気だな!!?

 

ケーシー

f:id:nge0068:20180313174253j:plain

なぬ?

みんな寝ろって言ってるよ。

f:id:nge0068:20180313174337j:plain

f:id:nge0068:20180313174429j:plain

これはもう、寝ろってことだな。

 

ゲンローワ

f:id:nge0068:20180313174512j:plain

f:id:nge0068:20180313174541j:plain

うーむ、そうか・・・。

ゲンローワは、こんな時どうするか教えてくれるみたいですが・・・

f:id:nge0068:20180313174633j:plain

やっぱり寝るんかーい!

f:id:nge0068:20180313174740j:plain

わかった、んじゃぁ寝る!!

というわけで就寝。

f:id:nge0068:20180313174837j:plain

ちなみに、宿屋(みんなの寝室)の二階に自室を作りました。

 

・事件が起きた!

f:id:nge0068:20180313175045j:plain

f:id:nge0068:20180314113924j:plain

真夜中、誰かの悲鳴で目が覚めました。

※町がただならぬ気配でおおわれている。

町のどこかでなにかが起きているようだ・・・

 

とりあえず、町の様子をみてみましょう。

ミノリは、元兵士なのか夜も寝ずに町の見張りをしてくれています。

f:id:nge0068:20180314114149j:plain

聞こえた!ミノリは何も見てないのか?

f:id:nge0068:20180314114258j:plain

ありうる・・・!!

ってボケてる場合じゃ・・・

f:id:nge0068:20180314114331j:plain

病室に近づいてみると・・・

f:id:nge0068:20180314114419j:plain

おい、あきらかに患者がやべぇことになってんじゃねぇか。。。

ぐひゃひゃひゃひゃひゃ!って笑ってるし。

こわいから、エルさん連れてこよう・・・

f:id:nge0068:20180314114556j:plain

はい、「くひゃひゃひゃ!!」って言ってました・・・。こわいです。

f:id:nge0068:20180314114659j:plain

そだね、こういうのはゲンローワに任せるに限る。

f:id:nge0068:20180314114823j:plain

同じ部屋で寝てたゲンローワ。

f:id:nge0068:20180314114921j:plain

f:id:nge0068:20180314114942j:plain

えっえっ!?

なんだそれ?何が起きてるんだよ。

エルさんも「それはどういうことです?なにか心当たりでも・・・?」

とゲンローワに問いかけますが

f:id:nge0068:20180314115032j:plain

ま、まぁ。とりあえず三人で患者のもとに向かう事にします。

 

f:id:nge0068:20180314115153j:plain

あはは!

なんかハイだけど意外に大丈夫そうじゃない?

f:id:nge0068:20180314115259j:plain

f:id:nge0068:20180314115351j:plain

f:id:nge0068:20180314115409j:plain

なんかヤバいこといってる!

f:id:nge0068:20180314115445j:plain

f:id:nge0068:20180314115512j:plain

f:id:nge0068:20180314115542j:plain

うひゃー!ケンがくさった死体になった!!

襲われながらも次の患者に話しかけてみる。

f:id:nge0068:20180314115627j:plain

f:id:nge0068:20180314115712j:plain

f:id:nge0068:20180314115743j:plain

あ、なんかエディもやばっ・・・

f:id:nge0068:20180314115832j:plain

f:id:nge0068:20180314115858j:plain

エディもくさった死体になっちゃいました。

続いて、三人目の患者

f:id:nge0068:20180314115937j:plain

f:id:nge0068:20180314120022j:plain

うわぁ!やべぇ症状だ!

f:id:nge0068:20180314120103j:plain

f:id:nge0068:20180314120127j:plain

f:id:nge0068:20180314120150j:plain

ケン、エディ、イルマの三人は発狂しながらくさった死体になってしましました。

攻撃してくるし、逃げてもおってくるので応戦しとりあえず撃退。

f:id:nge0068:20180314120306j:plain

f:id:nge0068:20180314120413j:plain

はい、みんなやっつけちゃいました。

f:id:nge0068:20180314120447j:plain

f:id:nge0068:20180314120502j:plain

f:id:nge0068:20180314120523j:plain

※その夜、町の人々はただならぬ不安と恐れの中で眠りについた。

 暗くしずんた静かな夜の闇のなかに、エルのすすり泣く声だけが

 いつまでも響いていた。

 そして・・・ 夜が明けた・・・。

 

・ウルスを訪ねよ

 

f:id:nge0068:20180319054325j:plain

ところでさぁ、ゲンローワはあの患者たちの症状について何か知ってるんじゃないの?

f:id:nge0068:20180319054423j:plain

ゲンローワは「無いといえばうそになる」といって、弟子のウルスの話をはじめました。やっぱり、何か関係してるんだな?

 

f:id:nge0068:20180319054715j:plain

f:id:nge0068:20180319054915j:plain

患者たちもウルスがどうのこうの言ってたもんね・・・

f:id:nge0068:20180319055113j:plain

なんだと!?

まぁ、生きてても不思議じゃないか。勝手に死んだものだと思ってた・・・

 

ゲンローワから、「遺跡の奥に行きウルスに会い、あの病について話を聞いてきてくれ」と頼まれました。あそこまで行けるのはおぬししかいないと。

f:id:nge0068:20180319055234j:plain

行くけど、ウルスさんは本当に生きてるのかよ・・・?

 

 ・町のみんなの様子

夜中にショッキングな事件が起きたのですが、町のみんなはどうでしょう?

エルさん

f:id:nge0068:20180319060013j:plain

エルさんは気丈ですね。

f:id:nge0068:20180319060210j:plain

そのうえ、「時が来たらまた患者様を連れてきてください。」と言っています。

エルさん、少し休んだほうがよい。

 

ヘイザン

f:id:nge0068:20180319060424j:plain

うーむ。現実主義。

f:id:nge0068:20180319060513j:plain

そしてヘイザンは、「ゲンローワが言うように、病と闘うのは間違っているのかもしれないね」といいます。

いまさらそんなこと言うな!

 

ザッコ

f:id:nge0068:20180319060732j:plain

ザッコは幼馴染のイルマが腐った死体になってかなりショックを受けている様子。

f:id:nge0068:20180319060836j:plain

うんうん。

f:id:nge0068:20180319060930j:plain

立ち直りはやいな!

ザッコはこの様子なら大丈夫そうです。

 

ノリン

f:id:nge0068:20180319061034j:plain

ノリンは、「地獄が定員オーバーになったら、死者が地上を歩き回る」という話をむかし聞いたことがある!と言っています。

f:id:nge0068:20180319061115j:plain

・・・。

 

・大弓を作ってほしい

ミノリ

f:id:nge0068:20180319061329j:plain

f:id:nge0068:20180319061431j:plain

ミノリは、空を飛ぶヘルコンドルを攻撃するための武器を考案したようです。

私たちのアイデアを形にしてほしいと、大弓を教えてくれました!

f:id:nge0068:20180319061540j:plain

さっそく作ってみましょう!

特別な材料は必要なさそうですね。

f:id:nge0068:20180319113803j:plain

なので、あっさり作れました。

 

f:id:nge0068:20180319113955j:plain

おうよ。

ミノリは、この町にきて間もないので詳しいことはわからないといいつつ・・・

f:id:nge0068:20180319114036j:plain

f:id:nge0068:20180319114130j:plain

f:id:nge0068:20180319114212j:plain

言っちゃった~!!

ミノリは、

これまでがどうか知らないけど、病の元凶はヘルコンドルで間違いない。

ヘルコンドルを倒せば、空の闇を晴らせるはずだし、ヘルコンドルと戦う時はかならずやってくる。そのために、そろそろ準備を進めよう!

と言います。

f:id:nge0068:20180319114639j:plain

なるほど。

ちなみに大弓は武器ですが、持ち歩くものではなく設置して使う武器です。

 

そろそろヘルコンドルとの対決が近そうですね・・・!

 

次回へ続く!

 

続きを読む↓ 

www.nge0068.com