んげの日記

んげです。山形県在住です。いろんなことを書いています。

【スポンサーリンク】

この前会ったじいさんのはなし

んげです。

 

この日は、仕事で二人の年配者にお会いした。

(仮Aさん、Bさんとします)

工事の許可をいただくために、道路の所有者に会ってた。

実際はまだ工事に入るか未定の案件で、そもそも許可がいただける人か訪問してきたのだ。(質の悪い人だど、許可くれなかったり、くれても金銭を要求してきたりする場合がある)

 

昼すぎに訪問。Aさん、Bさんともに不在。

Aさんは奥様が在宅で訪問した経緯を説明し名刺を置いてきた。

人当たりの良い丁寧な奥様でよかった。

 

16:00見知らぬ携帯から着信があった。

出てみると「○○のAでした~」とAさんからの連絡だった。

ちなみに電話等で名乗る時に「(自分のなまえ)です。」ではなくて「(自分のなまえ)でした。」となぜか過去形になるのは山形弁特有らしい・・・。

 

Aさん曰く、奥様から要件は聞いたが「現場見ねどわがんね」(現場をみないとわからない)という事で現場で落ち合う事に。

今からか明日か一緒に現場に行ってくれとのこと。

小雨降ってて今から現場で話すの嫌だったけど、面倒ごとは早めに片づけたいので行くことにした。

 

現場に行くと、70代くらいの真っ黒に日焼けした爺さん(Aさん)がおった。

軽トラには草刈機とか。現役で農作業しているみたい。

若干、たばこ臭い。。。

ハキハキと話すし、達者である。私の名刺をみて携帯にかけてくることも正直驚いた。

 

Aさんは問題なく許可をくれた。しかし

「自治会長さも断んなねべ」(自治会長にもことわらなければいけないだろう)

と言う。

「会長の家教えっから言ってみっか」(会長の家教えるからいってみよう)

(えー、A・B両氏の許可だけでいいんだけど)と思いつつ、教えてもらう事に。

 

ついていくと、なんと自治会長はBさん宅だった。

(おお~、これはラッキー!)

幸い自治会長のBさんも在宅、Aさんに顔つなぎしてもらい、Bさんも現場に来てもらった。自治会長なだけあってBさんは身なりの良い爺さんだった。

 

三人で世間話を交えつつAさん、Bさんの許可をもらうことに成功した。

実際工事の際には書面に捺印をもらわないといけないが、今回でお会いしたことでスムーズにハンコをくれるだろう。

 

で、話しているあいだ、ふとAさんの右肩に何か付着しているのが目についた。

白、というか薄黄色?の物資・・・

なんだ、ヨーグルトか?

いや、もっと固形質だな・・・

 

鳥の糞か・・・?

いや落とされたら気が付くだろ・・・・

 

 

・・・?!?!

 

タン(痰)だ~~~!!!

(ぐはぁ!きったねw)

 

多分 か~~ッッッぺっ!!

って右に噴出したときに肩に着いたんだね。

Aさん気が付いてないし。

なんかついてますよ。って伝えるほど仲良くなってないし。初対面だし。

なので伝えず。

 

まぁ・・・とりあえず任務完了なので、お二人に

「雨の中わざわざありがとうございました!」

と丁寧にお礼をいい、引き揚げてきた。

 

それにしても、お二人とも70代くらいの年齢と思うが達者だ。

二人とも携帯番号を教えてくれた。

「忙しくてうっちゃ居ねがらよ、くっどぎ電話けろは」

(忙しいくて家にいないから、来るときは電話してちょうだい)

とのことである。

 

今の年配者はケータイ使いこなすんだね。

 

私も死ぬまで達者に生きたい。と思った雨の日だった。

 

なんだこの記事。。。

んだらば~。