んげの日記

んげです。山形県在住です。いろんなことを書いています。

【スポンサーリンク】

ドラゴンクエストビルダーズ プレイ日記23「マイラ・ガライヤ編③」

みなさんどうもこんにちは。

「見た目は少女、頭脳はおっさん」でおなじみの伝説のビルダーちょこです。

三人目の仲間のギエラの救出に成功しました。

 

今のところ自分以外の全員、筋肉がすべての「あらくれ」さんたちです。

前回のプレイ日記はこちら

www.nge0068.com

 

はじめから読む?

www.nge0068.com

 

筋肉レベルをあげてくれ

そういえば、ギエラを連れてきてからガロンに報告するのを忘れてた。

f:id:nge0068:20180425143953j:plain

f:id:nge0068:20180425144132j:plain

あと、「ガロンは仲間と戦うことが大事だから外に行くときは声をかけるのを忘れるな」とアドバイスをくれます。

f:id:nge0068:20180425144202j:plain

でも、ガロンはついてきてくれないじゃん。

f:id:nge0068:20180425144333j:plain

f:id:nge0068:20180425144353j:plain

絶対こわいんだろ・・・。

で、次の依頼は・・・

f:id:nge0068:20180425143812j:plain

f:id:nge0068:20180501164111j:plain

f:id:nge0068:20180501164129j:plain

そだねー(*'▽')

f:id:nge0068:20180501164345j:plain

伝説的なアレってなんだよ。ざっくりしすぎだろ。

f:id:nge0068:20180501164444j:plain

 

例によって、ガロンと話す前に筋肉レベル・・・でなくて拠点レベルは上がってました。

f:id:nge0068:20180501164532j:plain

f:id:nge0068:20180501164629j:plain

そ、そうか・・・?

f:id:nge0068:20180501164654j:plain

伝説のアレっていうのやめろw

ガロンは、自分が作るものとちょこが作るものの出来が全然違うのでおかしいとおもっていたようです。

そして、ようがんまじんの手下の「フレイム」は自分たちの武器では倒せないからオマエにフレイムを倒せる武器を開発してもらいたいと言います。

f:id:nge0068:20180501165025j:plain

f:id:nge0068:20180501165118j:plain

ほう!

f:id:nge0068:20180501165141j:plain

f:id:nge0068:20180501165202j:plain

なるほど、ようがんまじんを倒すための兵器開発にもアネゴの力は必要なようです。

 

とりあえず、会話が終わったのでこの男くさい温泉から出ましょう・・・

 

 竜王軍の襲撃 ③

f:id:nge0068:20180501165337j:plain

筋肉さわぎでなくて胸騒ぎな。

f:id:nge0068:20180501165416j:plain

またかー!

しかも今回は「フレイム」も来ているようです。フレイムは今の武器では倒せないから、フレイムを操っている「まどうし」を狙うんだ!

とガロンがアドバイスをくれ増した。

今回こそガロンも一緒に戦ってくれるんでしょ!?

f:id:nge0068:20180501165634j:plain

む?

f:id:nge0068:20180501165701j:plain

やっぱりかオマエは!「ぬはぁぁぁぁぁ!」じゃねぇよw

戦闘開始です!

f:id:nge0068:20180501171641j:plain

f:id:nge0068:20180501171702j:plain

てつのサソリ軍団が来た!うじゃうじゃいるぅ!

f:id:nge0068:20180501171752j:plain

よろいのきしも出てきた!死にかけて「いのちのきのみ」を使用。

f:id:nge0068:20180501171850j:plain

フェーズ2には「フレイム」が攻めてきました。

隊長のまじゅつしはどこだ!?

 

いた!!

f:id:nge0068:20180501172008j:plain

まじゅつしはテレポートしながら動き回ります。そしてイオみたいな呪文を放ってくる。

f:id:nge0068:20180501172110j:plain

ぐおお!!やばいやばい!

筋肉たちは、攻撃のきかないフレイムに挑んで倒れてしまいました。

 

回復しながら斬りこんで、何とか勝利!

f:id:nge0068:20180501172144j:plain

あぶなかた・・・フレイムたちは逃げていきました。

竜王軍の隊長は、「旅の扉・青」を落としていきました。

f:id:nge0068:20180501172317j:plain

 

鉄のインゴットを作れ!

f:id:nge0068:20180501172516j:plain

f:id:nge0068:20180501172553j:plain

これは、旅の扉だよ。自分が求める物がある場所に行けるんだ!

f:id:nge0068:20180501172620j:plain

f:id:nge0068:20180501172706j:plain

・・・。

ガロン、それはタブーだから言うな。

f:id:nge0068:20180501172819j:plain

f:id:nge0068:20180501172747j:plain

f:id:nge0068:20180501172840j:plain

ガロンが言うには、その魔物の城は今まで以上に分厚いカベで覆われていて、今の武器ではその壁を壊すことができないようです。

そこで、その壁も壊せる強力な武器の素材となる「鉄のインゴット」を作ってほしいようですね。

f:id:nge0068:20180501173228j:plain

いや、行けるんじゃない?

 

とおい記憶の夢

とりあえず、夜も更けたので今日は寝ましょう。

 

暗い闇の中に光が見える。どうやら夢を見ているらしい。

f:id:nge0068:20180501173413j:plain

f:id:nge0068:20180501173440j:plain

f:id:nge0068:20180501173454j:plain

断るんかいッ!!

f:id:nge0068:20180501173532j:plain

f:id:nge0068:20180501173553j:plain

※「なんと、もう行かれたと?とても強い魔物たちがいると聞きましたが・・・。」

※「あなたは見かけによらず、つよいんですね!」

※「いや、まあそれも当然か!あなたは伝説の勇者のしそんですからね!」

f:id:nge0068:20180501173753j:plain

※「そして、魔王の部屋の隠されたる入口より闇に入ったとのこと・・・。」

「おお!****様!あなたはルビスに選ばれた竜王を倒す役割をおった、特別な方です・・・。」

「どうか定められた責務を果たし、この世界に光をもたらしてください!」

 

とおい記憶のようだ。

しかし自分自身の記憶なのか ほかのだれかの記憶なのかよくわからない。

 

アネゴの秘密

f:id:nge0068:20180501174418j:plain

f:id:nge0068:20180501174547j:plain

f:id:nge0068:20180501174610j:plain

「あら ちょこ・・・ 聞いちゃったのね。」ってあんた、思いっきりこっち向いて話してたがな。

f:id:nge0068:20180501174718j:plain

どうやら、アネゴはメーダの一つ目とうじゃうじゃ生えた足が苦手みたい。

 

あらたな土地へ

f:id:nge0068:20180501174305j:plain

旅の扉を開き、鉄をさがしに行ってみましょう。

f:id:nge0068:20180501174841j:plain

f:id:nge0068:20180501174902j:plain

ベイパーは連れていけるんだ。ガロンも来てくれよ。

f:id:nge0068:20180501174941j:plain

あっそw

 

f:id:nge0068:20180501175007j:plain

おっしゃお願いします!

f:id:nge0068:20180501175034j:plain

そのやさしくリードするからってやめてくんない・・・。

 

旅の扉・青の先は溶岩地帯でした!あっつそう!

しばらく進むとかんばん発見。竜王軍が書いた様子。

※かんばんに きたない字で 文字が書かれている。

f:id:nge0068:20180501175159j:plain

f:id:nge0068:20180501175314j:plain

ふむー。南のとりでにの「あの女」とはアネゴのことですかね。

まずは、鉄を取りに行きましょう。

西に進むと・・・

f:id:nge0068:20180501175545j:plain

ゲートがあり、その奥に鉱山らしき洞窟がありました。

中にはいり、炭鉱や鉄、銅を集めます。

 

拠点に戻り、「鉄のインゴット」を作るのに必要な「炉と金床」をつくり・・・

f:id:nge0068:20180501175813j:plain

鉄のインゴットを作成!

 

f:id:nge0068:20180502171800j:plain

鉄のインゴットから、魔物の城のカベを壊せる武器が作れるようです。

攻め込むときには「おおかなづち」があるといいかもしれないぜっ!とガロンが言うので作っておきましょう。

f:id:nge0068:20180502172252j:plain

いくかー!!

f:id:nge0068:20180502172359j:plain

あ、そうなの?

 

温泉をグレードアップして

f:id:nge0068:20180502172611j:plain

ギエラは、アネゴ救出に向けて「みんなの士気を高めつつ心をいやせるところがあるといい」と考えている様子。

f:id:nge0068:20180502172703j:plain

温泉ですか・・・?

f:id:nge0068:20180502172911j:plain

f:id:nge0068:20180502172935j:plain

血わき、筋肉おどる何か・・・ですか。

こんなんどうですか!

f:id:nge0068:20180502173035j:plain

ギエラに詳しく聞くと・・・

武器屋のカベかけを一つと、剣のカベかけ二つを飾ってほしいそうです。

鉄のインゴットからそれらを作成し・・・温泉に飾ると。

f:id:nge0068:20180502173446j:plain

「あらくれ温泉!!」

 

f:id:nge0068:20180502173934j:plain

f:id:nge0068:20180502174202j:plain

ギエラは、アネゴについて少しだけ教えてくれます。

アネゴは「武器の発明に行き詰まったら、温泉に入るとリラックスできて気分転換できる」と言っていたようです。

アネゴはむかし発明家の助手のようなことをしていて、その発明家の残した手がかりをヒントに魔物を倒す武器や兵器の開発をしていたようです。

f:id:nge0068:20180502174539j:plain

なるほど確かに。

f:id:nge0068:20180502174611j:plain

 

筋肉つくりが活性化する料理をつくてくれ!

f:id:nge0068:20180502172504j:plain

いや、ガロンから頼みを聞いてくれって言われたから・・・

 ベイパーは、アネゴの救出が近く士気が固まっているが、不安がある様子。

f:id:nge0068:20180502174751j:plain

そこ?筋肉量??

それで頼みというのは・・・?

f:id:nge0068:20180502175119j:plain

 ほう、なるほど納得。

ベイパーは、旅の扉・青の先にあるという「とうがらし」という食材を使って・・・

f:id:nge0068:20180502175244j:plain

ベイパー・・・。ベジタリアンの意味わかってんのか!?

f:id:nge0068:20180502175358j:plain

f:id:nge0068:20180502175439j:plain

えー!こっちが怒られんの!?

f:id:nge0068:20180502175546j:plain

はぁ。でも大丈夫?いきなり肉食うと体が受け付けないよ・・・

f:id:nge0068:20180502175702j:plain

溶岩ステーキを作るため、材料を集めます。

とうがらしと・・・アルミラージが落とす、ぶあつい肉。

f:id:nge0068:20180502175733j:plain

アルミラージの肉ってことだよな。

f:id:nge0068:20180502175902j:plain

完成したので、ベイパーに献上。

f:id:nge0068:20180502180017j:plain

f:id:nge0068:20180502180056j:plain

必死かよ。

渡すと、ベイパーは「さっそくひとくち・・・」と食べ始めました。

f:id:nge0068:20180502180136j:plain

どうよ?

f:id:nge0068:20180502180227j:plain

それは良かった!ところで胸焼けしない??

f:id:nge0068:20180502180304j:plain

本当のベジタリアンにあやまれ。

f:id:nge0068:20180502180450j:plain

二度とベジタリアン宣言すんなよ。

f:id:nge0068:20180502180538j:plain

f:id:nge0068:20180502180605j:plain

そりゃそうさね。

f:id:nge0068:20180502180644j:plain

 

というわけでいよいよ、アネゴを救出に向かいます!!

 

次回へ続く!!