んげの日記

んげです。山形県在住です。いろんなことを書いています。

【スポンサーリンク】

茨城に遊びに行ってきた話 ②

前回の続きです。

www.nge0068.com

 

朝食は、「ファミリーロッジ旅籠屋」でパンの朝食サービスがあるのでそれをいただきました。業務用だと思いますが、種類豊富で良かったです。

クロワッサンは温めているようでした。すばらしい。

 

大洗サンビーチで潮干狩り

今回の旅行の一番の目的は「潮干狩り」なのです。

 

日本海側では潮干狩りができそうな海岸がなく(東北では)、太平洋側に行かなければなりません。

宮城、福島に潮干狩り場などがありましたが、震災で何処も閉鎖。

原発事故もありましたから仕方ないですかね・・・

 

で、一番近い潮干狩りポイントが茨城県大洗海岸だったのです。

 

潮干狩りの時期的に4月~5月の干潮時の一時間前後という事らしいので、干潮時間に合わせてすべてのスケジュールを調整したのでした。

 

この日の午前の干潮時間は8:45。

8時過ぎに大洗サンビーチに到着しました。

 

海に来ると、テンションが上がりますね!

山産まれ、山育ち、山そうなヤツはだいたい友達(←?ウソ)の私にとっては海に来ると無性にテンション上がります。

 

天候は曇り。気温は20℃前後で、潮干狩りにはちょうど良い感じです!

水はちょっと冷たいけど、寒くも暑くもなく、磯遊びをするには気持ち良い環境です。

 

f:id:nge0068:20180518110944j:plain

時間がたつにくれ、人が増えてきました。

潮干狩りの人と、サーファーが入り乱れております!

夏の海でもないのに、こんなに人がいるなんて・・・

 

そして一時間くらい粘ったっ結果・・・!?

 

f:id:nge0068:20180518110733j:plain

惨敗ィ!!

ちっさいのが1つとれました。サイズ的にも小さいのでリリース。

 

そもそも大洗サンビーチは有料の潮干狩り場とは違い、あさりを撒いたりしていないので、捕れなくても仕方ないのですが。有料の潮干狩り場は千葉まで行かないと・・・

(震災前は宮城にもあった)

また時期遅かったのかもしれません。GW中に捕りつくされたのでしょうか?

 

残念ですが仕方ないですね。

周りの人も似たようなもので、沢山取れている人はいませんでした。

本格そうびの潮干狩りおじさんも10個くらいでしたので、そもそも資源自体が少ないようです。

 

潮干狩りを楽しみにしていた子供たちでしたが、ヤドカリを捕まえたり水遊びしたり、砂浜の散策で十分楽しめたようです。

 

潮騒の湯

曇り空で暑くなかったので汗もかかなかったんですが、海で遊ぶとやっぱり体がべとつきます。近くに温泉があったので入っていくことにしました。

 

f:id:nge0068:20180519095016j:plain

大洗サンビーチからすぐの潮騒の湯へ。

本当に徒歩圏内でした(車で移動したけど)

 

こちらは太古の化石海水から湧き出ている温泉らしいです。

化石同様、地殻変動で閉じ込められた海水のことですね。

 

入ると、スタッフ5人くらいが入口に立っていて「入浴ですか食事ですか?」みたいに聞いてきます。なんか威圧感あるからそんなに多くで立たないでくれ。

どうやら観光バスも立ち寄ったり、食事だけの客、入浴客などが入り乱れているようですね。

 

お湯はやっぱり海水のような味(興味でちょっとなめてみた。ばっちいからまねしないでね)でした。温まりますね~

バブルバスやジェットバス、露天風呂、サウナ、炭酸泉などがあって楽しめました。

 

入浴料

平日 :大人800円   子供500円 3歳以下無料

土日祝:大人1000円 子供600円 3歳以下無料

 

。。。え?高くない?家族四人で3200円(日曜)かかったけど・・・

山形だと大人350円で入浴できるのに。

さすが、おっきい街はおっかねぇべ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

昼ごはん(海のごはん家)

さて昼飯です。昨日水族館で我慢した「海鮮丼」を食べに行きましょう。

 行ったのは大洗海鮮市場の近く「海のごはん家」さん。

この辺りは、海鮮料理屋がおおくどの店も混んでいました。

新しい建物が多いのは震災で津波の被害があったかエリアだからでしょうか?

f:id:nge0068:20180519102932j:plain

海鮮丼 1680円!

ひょーウマそう。15種の魚介類が載っているそうです。

 

温泉1000円は高いと思うけど、これはお得・・・なのか?

まぁ、地元で頂けるものでもないので満足です。

どんぶりだけかと思いましたが、あら汁と一品料理も付いてくるんですね。うれしい。

 

子供用にもミニ海鮮丼(シラス、ネギトロ、いくら、たまご)があるので良かったです。(1000円) 

 

かねふくめんたいパーク

最後に「かねふくめんたいパーク」に寄ります。

お昼ご飯を食べたお店のすぐ近くでした。

f:id:nge0068:20180519105109j:plain

めんたいパークは、明太子メーカー「かねふく」さんの工場とお土産屋さんで、工場見学もできるみたいです。

f:id:nge0068:20180519105238j:plain

なかなか人が多いです。

見学ルートに、タッチパネルのゲームがありまして子供たちがやり始めてなかなか終わらず。予想時間以上に滞在してしまった。

 

フードコートで、めんたいソフトをいただきます。

f:id:nge0068:20180519105600j:plain

バニラアイスに明太子が練りこんであり、つぶつぶ感とちょっとだけ辛みがあります。

でも明太子の生臭さは全く感じず。バニラアイス自体かなり濃厚です。うまいなこれ!

 

f:id:nge0068:20180519105810j:plain

 工場で作った出来立ての明太子が入った「じゃんぼおにぎり」がすごく気になって食べたかったんですが・・・昼ごはん食べた直後なんでやめときました。

隣の人たべてるのちらっと見たら、すげーデカかったww

 

まとめ

茨城に家族で遊びに行った旅行記でした!

潮干狩りがも一番の目的でしたが、釣果はゼロ。

でもいろいろと楽しめました。どこも人が多かったですがGW後だったので、激込みというほどでもなく良かった。

私個人は、目的の「サメカレー」と「スペースカレー」を手に入れたので満足ですw

 

んだらば~