んげの日記

んげです。山形県在住です。いろんなことを書いています。

【スポンサーリンク】

ドラゴンクエストビルダーズ プレイ日記28「マイラ・ガライヤ編⑧」

みなさんどうもこんにちは。

「見た目は少女、頭脳はおっさん」でおなじみの伝説のビルダーちょこです。

まほうのインゴットから、強力な武器を作り出すことに成功し、いよいよマイラ地方を支配する溶岩魔人を倒しに行きます!!

 

前回のプレイ日記はこちら

www.nge0068.com

 

はじめからよむ?
www.nge0068.com


 

ようがんまじんを倒せ!

出発前に、スイーツを作って持っていくことにしましょう!

って、遠足か!!

f:id:nge0068:20180612165508j:plain

準備ができたので、みんなに声を掛けます。

 

ガロン、いくよ!

f:id:nge0068:20180612165659j:plain

f:id:nge0068:20180612165719j:plain

なにが「まさか」だ!テメーも来い!!!

f:id:nge0068:20180612165838j:plain

f:id:nge0068:20180612165900j:plain

出発前にウ〇コすませておけ!!

 

ベイパーのアニキ、お願いします。

f:id:nge0068:20180612165948j:plain

筋肉指導・・・?

f:id:nge0068:20180612170030j:plain

おねがいします!

 

アネゴ!

f:id:nge0068:20180612170237j:plain

おうよ!

f:id:nge0068:20180612170438j:plain

アネゴは、

「魔物たちはラライの氷と炎を融合させる発明を狙っているのかもしれない。もし、「ようがんまじん」と「ひょうがまじん」が合体したら手に負えなくなっていまう」

と懸念しています。

f:id:nge0068:20180612170835j:plain

f:id:nge0068:20180612170911j:plain

f:id:nge0068:20180612171027j:plain

アネゴ、気合入ってます!!

 

ってあれ?ギエラがいねぇ。

f:id:nge0068:20180612171106j:plain

二階の壁の向こうにワンブロックだけ残っていたんですが、そこに迷い込み戻ることも下に降りることもできなくなっていました・・・。

ネコかよ。

気を取り直して・・・・

f:id:nge0068:20180612171442j:plain

ゴメン、筋肉に迫るってのはよくわかんない。

f:id:nge0068:20180612171603j:plain

よっしゃ、では出発だ!

f:id:nge0068:20180612171838j:plain

・・・お、おぅ。

 

旅の扉・青に入り溶岩地帯に向かいます。

 

ズゴゴゴゴ・・・!!!

f:id:nge0068:20180612171928j:plain

あいつが溶岩魔人!たしかに腕のみ!!

f:id:nge0068:20180612173338j:plain

でっかい岩を投げて攻撃してきます。

f:id:nge0068:20180612173413j:plain

落下地点にいなければ問題ないですが、ようがまじんの下は溶岩でダメージを喰らうので、土で埋め戻してから一斉攻撃!!

f:id:nge0068:20180612173540j:plain

たおしたぜ!!!ってあれ?マグマハンド?

コイツでいいんだよな?とりあえず、拠点に戻りましょう。

f:id:nge0068:20180612173639j:plain

f:id:nge0068:20180612174054j:plain

あいつが「ようがんまじん」で間違いないよね?

ってかシェネリがボスキャラ風に見下ろしてくるんだけど・・・。

f:id:nge0068:20180612174224j:plain

うんうん。

f:id:nge0068:20180612174249j:plain

もしかして、後ろで悪そうに見下ろしてくる女が親玉なんじゃ・・・?

※たまたまです。

f:id:nge0068:20180612174343j:plain

f:id:nge0068:20180612174416j:plain

f:id:nge0068:20180612174443j:plain

・・・なんかアネゴが一人でぶつぶつ言っていますが。。

f:id:nge0068:20180612174541j:plain

f:id:nge0068:20180613114009j:plain

えー、すげぇ気になるっす。。。

アメルダは、これからどうしたらよいか一人で考えてみるといってます。

 

筋肉レベルをあげろ!

f:id:nge0068:20180613114153j:plain

なんだと!

f:id:nge0068:20180613114230j:plain

ま、まぁたしかに。

f:id:nge0068:20180613114312j:plain

f:id:nge0068:20180614161832j:plain

f:id:nge0068:20180614161918j:plain

うん。なんかガラに無くまじめだな。

f:id:nge0068:20180614162020j:plain

だから筋肉レベルってなんだよ。

f:id:nge0068:20180614162103j:plain

うそつけ。

f:id:nge0068:20180614162141j:plain

えらそうだな!

ガロンは、「設計図をつくったけど、べつに作らなくてもいい」と言って「Barあらくれ」の設計図をくれました。

 

まぁ、いつものことですがすでに拠点レベルはあがっています。

f:id:nge0068:20180614162320j:plain

f:id:nge0068:20180614162525j:plain

f:id:nge0068:20180614162616j:plain

なんなんだよw

f:id:nge0068:20180614162653j:plain

f:id:nge0068:20180614162718j:plain

忘れたい過去・・・

f:id:nge0068:20180614162808j:plain

f:id:nge0068:20180614162827j:plain

f:id:nge0068:20180614163033j:plain

う、うむ。わかった!

f:id:nge0068:20180614163110j:plain

なにかと筋肉に絡めるのやめてくれい。。。

 

竜王軍の襲撃 8

f:id:nge0068:20180614163505j:plain

え、え??

f:id:nge0068:20180614163532j:plain

f:id:nge0068:20180614163618j:plain

f:id:nge0068:20180614163656j:plain

頻繁に来るね~。

アメルダが言うには、やっぱりあの腕だけでは「ようがんまじん」は倒し切れていないとのこと。「ようがんまじん」を完全に倒す兵器の開発が必要だとのことです。

f:id:nge0068:20180614164214j:plain

あの場所が気になるぜ。

f:id:nge0068:20180614164254j:plain

 

戦闘開始!!

f:id:nge0068:20180614164339j:plain

うわなんかブリザードがわらわら出てきた!!!

f:id:nge0068:20180614164418j:plain

メタルハンターとキラーマシンも来ます!

キラーマシンはなんか一回りデカくてつぇぇ!!

キラーマシンを倒したと思ったら、ブリザードハンドがでてきたぜ~

無茶苦茶だな!!!

f:id:nge0068:20180614164541j:plain

f:id:nge0068:20180614164522j:plain

しかも追加でブリザード軍団。

オラオラ殴れ殴れ!

近づいて攻撃していると、周辺一帯をなぎ払って攻撃してきます。

これが結構強いし、遠くに飛ばされる。

f:id:nge0068:20180614165120j:plain

仲間たちは次々と倒れます・・・

離れると、氷の塊を投げてきます。

f:id:nge0068:20180614165329j:plain

命の木の実で回復しながら、何とか倒すことができました!!

f:id:nge0068:20180614165407j:plain

旅の扉・緑をてにいれました~~!

 

最強の兵器の手がかりをさがせ

f:id:nge0068:20180614165937j:plain

いや、今回はヤバかったですね。なんか魔物たちが強くなっておる。

f:id:nge0068:20180614170036j:plain

アメルダが言うには、「これは、ようがんまじんとひょうがまじんが完全に手を組んだ」という事らしいです。めんどくさいことになったなオイ。

f:id:nge0068:20180614170212j:plain

その最強の武器ってのは・・・?

 

f:id:nge0068:20180614170303j:plain

アメルダは、その旅の扉でちょこに行ってもらいたい所があるようです。

f:id:nge0068:20180614170357j:plain

f:id:nge0068:20180614170420j:plain

ほほう・・・!

アメルダは、正直気乗りはしないけどラライの発明の記憶をたどって兵器開発をするのはもう限界だと言い・・・

f:id:nge0068:20180614170636j:plain

よっしゃ、ラライの研究所をめざしますよ!

f:id:nge0068:20180614170731j:plain

 

いつもの筋肉メンバーに声を掛けます。

f:id:nge0068:20180614171006j:plain

アネゴは「あそこは、思い出したくないことが多い」と言ってパス。

しょうがないのでガロン、ベイパー、ギエラを連れて出発!!

f:id:nge0068:20180614171158j:plain

目的地「Q」マークに到着すると、「ガライの町中の敵をたおせ!」となり・・・

f:id:nge0068:20180618195339j:plain

ガーゴイルと・・・奥に見えるのはまたもや巨大な「ブリザードハンド」!!

f:id:nge0068:20180618195449j:plain

ブリザードもいっぱいいます。

しょっぱなからブリザードハンドを狙って突っ込んでいきましたが・・・

f:id:nge0068:20180618195558j:plain

ブリザードハンドを攻撃しているうちに、背後からガーゴイルやブリザードに攻撃され力尽きました・・・

 

ちょ、やりなおし!!

拠点に「ホテルあらくれ」とか、あらくれたちのステータスが上がる建物をいくつか作ってリベンジします。

こんどは、ガーゴイルやブリザードを全部倒してからブリザードハンドに攻撃。

最初からこうすべきですね。

f:id:nge0068:20180618195932j:plain

f:id:nge0068:20180618200446j:plain

やったぜ!!

ところで、ガライの町にはなぜかキラーマシーンの残骸がたくさん置いてあります。

f:id:nge0068:20180618200637j:plain

f:id:nge0068:20180618200553j:plain

うわしゃべった!!

f:id:nge0068:20180618200707j:plain

f:id:nge0068:20180618200828j:plain

このキラーマシンはラライに仕えていたのでしょうか?

 

f:id:nge0068:20180618200939j:plain

f:id:nge0068:20180618201117j:plain

ロボのくせに偉い人間臭いこというね・・・

f:id:nge0068:20180618201218j:plain

ラライの研究記録を無事に手に入れたので、もうちょっと散策してみますか・・・

f:id:nge0068:20180618201406j:plain

とりあえず廃墟でも宝箱は開けるよね!

隣のノートも見てみましょう。

f:id:nge0068:20180618201526j:plain

f:id:nge0068:20180618201916j:plain

f:id:nge0068:20180618202255j:plain

f:id:nge0068:20180618202341j:plain

f:id:nge0068:20180618202414j:plain

・・・もう絶対やばいクスリやってるもん。

 

さて、もどりましょう。とりあえずアネゴに報告。

f:id:nge0068:20180618202540j:plain

アネゴが言うには、町が魔物たちに荒らされていたということは先を越されたかもしれないということらしいです。

魔物たちがラライの発明品を先に持って行った様ですね。

キラーマシンもそう言ってたけし。

f:id:nge0068:20180618202814j:plain

ということで、アネゴにラライの発明メモを渡します。

f:id:nge0068:20180618203029j:plain

お、マジで!?

一回死んだ甲斐があるね~v

 

このメモは、ラライが発明した「炎と氷を融合させて爆発的な力を得る発明」をさらにグレードアップして最強の兵器をつくるための開発メモのようですね。

f:id:nge0068:20180618203158j:plain

f:id:nge0068:20180618203625j:plain

アメルダは、本格的に読み解いてみるから少しの間待っててくれといいます。

頼むぜアネゴ。

 

シェネリの悩み

アメルダがラライの発明メモを読み解く間に、シェネリの依頼を聞いてみます。

f:id:nge0068:20180618204127j:plain

うん、謙虚でいい子だね。キミは。

どうした?悩みがあるって??

コルトとうまくいってないのか?

f:id:nge0068:20180618204825j:plain

あ、ちがった。

f:id:nge0068:20180618204928j:plain

f:id:nge0068:20180618205013j:plain

いいけど、うう~~ん。

手がかりが無さすぎでしょうよ。

 

と思っていたら、シェネリは

「ちょこさんは、私がガライヤの雪の中で魔物に襲われた理由が、私の宝物の鍵だっていることを覚えていますか?」

といいますが・・・

f:id:nge0068:20180618205359j:plain

うんうん。

f:id:nge0068:20180618205440j:plain

おい、そのカギ呪われてないか!!?

f:id:nge0068:20180618205725j:plain

うーん。そんな気がしないこともないかも・・・

f:id:nge0068:20180618205809j:plain

ええ~~?それ「のろいの鍵」でしょ??

f:id:nge0068:20180618205907j:plain

わ、わかったよ。

なんで「赤い扉の先」ってわかってるんだよ、・・・・罠か!?

そいえば、なんか目つきが悪そうだぞ!!シェネリ!!

 

次回へ続く!!